Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

雑記

【ニオイについて】

更新日:

ニオイの違いはあれど、ニオイの無い人なんていません。

自分だけはニオっていないと思っている人がいたら、幸せなのは自分だけです!
周りは泣いているかもしれません!

ニオイケアは誰にでもできるエチケット!

まずはニオイの原因を確認しましょう。

加齢臭


中年以降の男女にみられる特有の体臭の俗称です。

男性は主に40歳代以降、女性では主に閉経後に増加傾向が見られます。
一般的に男性は汗や皮脂などの老廃物の分泌が女性に比べて多く、体臭もそれに伴い強いものになります。

加齢臭に於いても男性ホルモンが皮脂腺の発達を促し、皮脂が大量に分泌されるため強い悪臭を放つようになります。
が、個人的には女性の加齢臭の方が気になります・・・。

加齢臭の主成分はノネナール
ノネナールは水に溶けにくく、肌にこびりつきやすい性質があります。
耳の裏や首の後ろ、肩などの毛穴にたまっており、入念に洗う必要があります。
タモリ式入浴法をやっている人でも、ここだけは石鹸で洗う人が多いみたいです。

ノネナールの体臭成分は青臭さと脂臭さを併持ちます。
加齢臭のもう一つの原因物質として、ノネナールと同じく皮脂腺から分泌されるペラルゴン酸があります。
使い古した食用油のような臭いで、30代男性に多いです。

身体を清潔に保つことに加え、機能性香料またはミョウバン溶液である程度抑えることができます。

私は入浴後にミョウバン水を体にぶっかけています!

【レビュー】激安制汗剤!ミョウバン水の作り方&デオナチュレも愛用中♪

ミドル脂臭


30~40代の男性に特有の体臭。

原因物質はジアセチル
40歳を中心とした男性の頭部周辺から多く生成され、20代の男性に比べ不快な強い脂臭を発しします。
廃油やバターのようなニオイで酢の120倍にもなる強い臭気です。

強烈ですね!!

発生防止にはフラボノイドを多く含んだ植物エキスが有用です。

腋臭


皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する人体形質。

アポクリン腺から分泌される汗と、皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗とが混ざり、それが皮膚や脇毛の常在細菌により分解され、腋臭臭を発する物質が生成されます。

制汗剤は殺菌作用があるため、皮膚常在細菌を殺し、汗などが分解されるのを軽減することにより臭いの発生も軽減させます。

デリケートゾーンのニオイも同じ原理ですが、そこにムレやアンモニアによるニオイも混じって、それはもう大変なことになります。

口臭


口の中の細菌がタンパク質(食べかす)を分解してニオイが発生。

唾液が減って口の中が乾燥すると自浄作用が低下し、タンパク質を分解する細菌が増えるので、口臭も濃縮されてニオイがきつくなります。

舌苔(舌にたまった食べカスや粘膜、細菌のカス)、歯周病といった口の中のトラブルも原因のひとつです。

ニオイのきつい食後は、血液中に流れる成分のニオイが肺を通して吐く息となって出てきます。

空腹や疲労を感じると、肝臓がケトン体という物質を作り血液中に放出。
ケトン体が増えすぎると甘酸っぱいニオイのするガス(アセトン)となって肺から出てくるため口臭が強くなります。

まとめ

長く生きていると、内臓も外見も変化・劣化していくのは仕方のないこと。

少しでも綺麗に保とうと思ったら、日ごろの努力が必要です!

年齢のせいにして諦めてしまうのは、あまりにももったいない&かっこ悪いです。

身体を綺麗に守ってあげられるのは自分自身だけ。

今までこの体で生きてきたのだから、年を取った分、いたわってあげたいですね。

-雑記
-, , ,

Scroll Up

Copyright© 心も体も綺麗でいるためにできること , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.